違いが分かる人へ…採水地で選ぶウォーターサーバー

伝統と名水の地…京都

伝統ある京都は昔から湧水が多く、名水の地としても知られていました。京都盆地は三方を山々に囲まれています。その山には梅雨から夏にかけてたくさんの雨が降り、しばしば一面の霧や雲海が広がります。さらに雪深い地域のため、雪解け水も豊富です。このような京都独特の地形と気候が、長い時間をかけて名水を育んでいます。京都の水は日本酒の仕込みや、茶道で使う湯、京懐石などに用いられ、多くの人の舌を楽しませています。硬度はだいたい30前後のものが多いようです。まろやかでクセがなく、優しい味わいが特徴です。有名なウィスキーの蒸留所があるというのも、納得です。そんな京都の水を購入できるのは、オーケンウォーター(京都丹波の銘水)、コスモウォーター(古都の天然水)、ラピロスウォーター(京都天然水古都美水)、オアシスウォーター(京都の天然水)、アクアリズム(古都の天然水)などです。そのまま飲むのはもちろん、京都の水は優しい風味を楽しむ料理に向いています。特に赤ちゃんの離乳食にお勧めです。お粥にすれば米の甘味が存分に引き出され、すんなり食べてくれるでしょう。乳幼児はマグネシウム代謝の負担を避けるべきといわれますが、硬度30度前後の京都の水なら安心です。

ウォーターサーバー関連サイト

http://www.waterserver-select.com/・・・初めてウォーターサーバーを導入される方向けに選び方を詳しく紹介しています。